2011年03月30日

705「動機未ダ不明 完全犯罪研究部 」 汀こるもの〈図〉



この表紙が中身のほとんどを表しております。このシーン自体も話の中の一部分なのですが、全体としてこんな感じなのです。ゆりっぺ付き合いいいっていうか…たくましくなっていくな。
実はキャラの半分忘れてました;杉野二号と古賀しか覚えてなかったですよ。
そして杉野の口調があまり女性らしくはないため、台詞だけが並ぶと一体誰が誰の台詞やら混乱しておりました…。
杉野はともかく、ずっと古賀が殺人をためらわないヤツのままとは思っていませんでしたねー;
全ては罪悪感がなせる業なのでしょうか。ずっと関わるつもりなら、ゆりっぺの苦労はまだまだ続きそうです。ていうか古賀君、一体何を試してみたの…; ;

山場となる話は一体いつから始まるのかなーと思いつつ読んでおりましたが(基本メインは危ない高校生に振り回される大人って感じ)、オタクネタ、ミステリネタ相変わらず満載でございます。それはそれで楽しい。名前だけですら2/3くらい判れば私はいいほうかな。アレの音読CDなんて実在するのですか…?;





ところでネタバレごめんね!一応少し離してみますよ。








私は一番かわいそうなのは葛城兄だと思うんですけど!高校生の息子にそんなことお願いするの!?理由を知らないままだと失敗しそうだから話したんだとしても、お願いした時点で恨みって消えそうな気がするんですよ(いや、増えるパターンもありかな?)
両親本当に酷過ぎるーーー!!

そして判らないこと一つ。一番最後なんですが、アレは死神の方ですよね?えーっと誰が何のために呼んだのでしょう?一日前ってどの時点だ??「その」為に態々呼ぶとはちょっと考えにくいのですが、不吉な方向ではないことを祈ります。
posted by さみお at 01:28| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 汀こるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

704「TOKYO図書館日和」 冨澤良子〈図〉




先日「本屋さんへ行きたい」を読んでからちょっと類似の本も読みたくなりました。
うーん、どの図書館も素敵です。
早稲田の演劇博物館とか日本近代文学館とか、ああロシアの積んである本とかなんか素敵!上まで届くはしごとか!!
美術館や博物館に併設の図書館なども都会だからできることなんでしょうね。
わが市のレベルではまずないだろうな…。
posted by さみお at 19:29| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

698〜703「三千世界の鴉を殺し10〜15」 津守時生〈友〉

               


全部読んだーーー!
いやーマルッチ有能でいいですね!その調子でルシファの負担をどんどん減らしてやってください。
彼がどんなに変な性格をしていると言われようと、読んでるとあまりに大変そうで、しかもちょっぴり不憫になってくるのです…(襲われた時の挿絵の顔は確かに可愛かったですケド…)
そして副官の彼女と上手く行くといいなぁ…v

それにしても本当に進んでませんね…。たった1日を一体どれだけかけて描かれたのでしょう…。
そして友人からはおまけにと、掲載紙に付いたドラマCDを貸してくれたのですが、色々状況も人間関係も変化していて驚きです。(個人的にカジャの声ちょい微妙…てか本当に神奈さんですか!?)
えっと、このスピードで描かれているのに、あの状況になるって一体その間に何があったんでしょう…??
今の状況は凄い大変そうですし、次巻が非常に気になります。
posted by さみお at 20:50| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 津守時生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

697「デュラララ!!×9」 成田良悟〈友〉



今回は、イザヤ祭り…でしょうか。
なんとなく、あれ、前回の続きじゃないのね、と少々肩透かしな感じではありましたが、このラスト近くはちょっとミステリっぽくてなかなか好きです。
うーん、やっぱたいしたヤツ…なんですね。側にはいたくないけど。

端から見てもいい雰囲気のシズちゃんとヴァローナの出番をもっと増やしてほしい〜!頑張れヴァローナ!!
そしてもっと門田の出番を増やしてほしい!
よーするに今回少々癒しが足りませんでした…。
いや、そこそこ麗しい兄妹愛とかありましたけどね…。
posted by さみお at 20:09| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田良悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

695・696「玻璃の天・鷺と雪」 北村薫〈図〉

     


やっと読み終わりました、ベッキーさんシリーズ。一応主人公は英子なのにこういうのも変な感じですけれども。ベッキーさんの位置づけがちょっと私には不明なんですが(ホームズ的位置づけともなんか微妙に違う)、このシリーズは英子のおよそ中学生時代を描いてますからやはり英子が主人公なんでしょう。子どもから大人へ、という期間でしょうか。

1冊目から間が空いてしまったのは、ちょっと1冊目が難しかったという印象を持っていたからなんですね;
でも2、3冊目はそんなこともなくすんなり読めました。…いえ、とても文学的で(私が普段読む作家さんの中で一番です)色々と解らないところはたくさんあるんですけれども…;
昭和初期の情景もすごく細かく描かれていて、写真や地図など当時のものを知っているならタイムスリップした気分になれることでしょう。英子達にとっての総天然色はきっと私達の3Dなんでしょうね。
…というかメインがこっちでミステリはおまけかな…。

やはり北村さんの書く文章の印象は「美しい」ですね。綺麗でそして怖いです。
最終話のラストには愕然としました。
第二次世界大戦はいつだったかなーとはぼんやり考えてはいたのですけれども…。
それでも英子にも浮いた話が…!(この際身分差はおいときまして)と思っていたらこうくるんですもんねぇ…。

彼女のその後を描いてほしいなと思わなくも無いですが、それは読んだ人それぞれが想像できるのがやはり本の面白いところなのでしょう。
posted by さみお at 16:10| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北村薫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

694「一鬼夜行」 小松エメル〈図〉




ジャイブ小説大賞受賞作だそうです。それにしてもどんだけ小説の賞ってあるのでしょうか??
読書メーターですごく評判が良かったので読んでみました。

…うーん、コンディションが悪かったのか、文体との相性なのか、なぜかあまり頭に入ってこなくてなかなか読み進められませんでした。…なんで??
小春はだんだん可愛く見えてくるし、喜蔵はなんだかんだ優しいし、二人のコンビはなんだかんだとバッチリだし(笑)
だけどなぜかあんまり内容が入ってこなくて、一通り読んでからもう一度頭からなぞりました。
それで伏線がやっと判りました〜〜。ああ〜もうこの鳥頭!!もう本を読むのも辛いのか!?

妖怪にも恐れられてる喜蔵ですが、実は一番弱いと思うのです。
傷つきたくないから自分から予防線を張っている。ある一定の距離から自分へは近寄らせません。そこから寄られると多分色々崩壊するだろうから。
…顔に似合わないけどね。
これでもーちょっと店に出てる時くらい愛想良くなればいいんですけど(笑)
posted by さみお at 14:22| 北海道 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

693「本屋さんに行きたい」 矢部智子〈図〉



どこもかしこも素敵な本屋さんばかりです!
いーなぁ、おいしいお茶でも飲みながらゆったり本を読みたいなぁ…!
しかしこちらで紹介されているのはどこも本州ばかり!遠い!遠いよ!!
地元にもどっかないもんだろうか…。
posted by さみお at 14:05| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだまだありますね

知らなかった。他にもあったんですね…。

というわけで他のクリック募金サイトさまです。

今回の地震の募金もあります。

「イーココロ!」
posted by さみお at 13:15| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

692「新宿二丁目のますますほがらかな人々」 新宿二丁目のほがらかな人々〈図〉



前作から随分間が空いて読んでしまいました…。
前作は副題の通り、おしゃれとセンスについてがほとんどなのですが、今作はどっちかというとメンタル面についてが多いですね。特に二つ目なんていいんじゃないですかね。男性も読んだらいいと思います。

この本は平成17年に出ているわけですが、ここに書かれている「メトロセクシュアル」って私、聞いたこと無かったんです。
考えるに言葉で広まる前にもう行動が普通になっちゃったんじゃないでしょうか…?だって高校球児だって眉のお手入れしている時代ですよ。
こないだ話した人は肌の手入れをするような男は周囲にいないと言ってたけれど、男性だって痩せたり、お肌が綺麗になったら嬉しいですよね?w
posted by さみお at 01:08| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

690・691「本棚2」「机」ヒヨコ舎〈図〉

     


前回借りた「本棚」が面白かったので借りてみました。同系統の「机」も。
でも図書館では全然違う棚に分類されるんですね。今は検索が楽ですけれども。

有栖川さんややくみつるさんの本棚はもう図書館のようで、すごい。うちの近くの分館よりあるんじゃないかと思うくらい。
菊地秀行さんとCOCOさんが続いているのは敢えてなんでしょうか(笑)吸血鬼もので対談したら盛り上がりそうな二人です。

「机」の方はこれまた特殊な職業の方ばかり集めて見せていただいていて面白いですね。
浦沢直樹さんやブックデザイナーの鈴木成一さんはテレビで見たことあります。鈴木さんのその番組は大変面白く拝見しましたねー。
机はまんま仕事場ですので、こういう仕事をこういう風にしているんだ、というのが垣間見えてとても面白い本です。
posted by さみお at 00:43| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

追記

新しいクリック募金のサイトができていたようです。

smile CLOVER

医療関係中心みたいですね。

こっちも毎日クリックするぞー!
ラベル:クリック募金
posted by さみお at 00:21| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

まさに未曾有。

これを見ている方は無事な方なのでしょうが…。
本当に大変なことが起きてしまいました。
私の住んでいるところは北海道でも内陸部で、幸いなことにほとんど影響がありませんでした。
東北地方に住んでいる友人や知人も、どうやら全員無事を確認できました。
ただいとこがどうも避難しているようで、大変な思いをしているのではないかと思います。
けれど亡くなった方達には本当にご冥福をお祈りするしかありません。

あああ、せめて早く道路開通しないかな…!!


せめて募金くらいはしようと思っております。献血は先月しちゃったからできないんだよ…!

ちなみにこんなサイトがありました。ご参考までに。

ただ、原子力発電所の方も気になります。
状況は確かに知りたいと思うけれども、冷却の方法よりも、万一の時の影響とか対策とか知りたいんですが…。
風に乗って北海道までくるって本当ですか?
posted by さみお at 21:56| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

689「チョコレートビースト インディゴの夜」加藤実秋〈図〉



やっと読みました、2冊目。既に4まで出ていたとは驚き。
毎回何かの事件を起こしたり、巻き込まれたり晶さんも大変ですね(笑)
彼女が表の稼業でやっている仕事の内容がいつも楽しみです。
でも今回は晶さんの啖呵とか見れなくてちょっと残念。
ドラマも少し見ていたのでビジュアルは結構ドラマのイメージです。
特に憂夜さんはあのままですねー。原作の方が派手な格好はしてるけど、謎めいた実は一番いい男、ピッタリでした。地デジでの案内役は憂夜さんにしたわっ。
彼は一体どういう人なのか晶さんはいつか聞ける日が来るのでしょうか…。
そういえば先日読んだのもホストが(元だけど)主人公でした。
こちらに出てきたナンバー1ホストは「プロ」って感じだけど、あちらのナンバー1は結構素ですね。ひたすら天然で優しい。実際どっちが人気でるものなのかな?
posted by さみお at 23:04| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 加藤実秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

今頃ですけども

太陽光発電の余剰電力買取制度ってなんか納得いかないですね。
いや、買取そのものは別にいいんですけど。

何でその費用を国民全員で負担しなきゃいけないのむかっ(怒り)

お知らせ読んで叫んだぜ、マジで。

懐痛めたくないとしか思えません。

ええ、低所得者のひがみと言われようとも。

絶対使うものだからって強制しやがってーーー。ちくしょーガソリンとかも同じだぁぁぁ。
posted by さみお at 23:20| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

688「本棚」ヒヨコ舎〈図〉



おお、これは面白いですね。以前「トイレ曼荼羅」も面白いと思ったけど、なんとなく人となりがわかるというか。本当に人それぞれで面白いです。
やはり皆さん資料用の本が多いのか写真集とか専門書とか多いなと思ったのですけど、さすがに大森望さんの棚は私でもわかる本が目一杯!(笑)
喜国雅彦さんの棚はそれはもう美しいですし、みうらじゅんさんの本棚はさすがというかやはりというか(笑)あんなゲームソフトあったんですねー…。
石田衣良さんと桜庭一樹さんの仕事場は以前テレビとかで見たことがあります。石田さんの方はあまりの広さと素敵さに驚きましたねー。そして取材の準備に入る本の少しの時間でもお仕事ができるっていうことにも驚き。
そして金原瑞人さんの研究室は行ってみたいです!いいなぁ!
ラベル:本棚 ヒヨコ舎
posted by さみお at 12:49| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

687「読書は1冊のノートにまとめなさい」奥野宣之〈図〉



第1章はなんだか同じことを繰り返されているような感じですが、第2章から実際に筆者がやっている方法が書かれています。
…半分くらいはやってると言えるのかなー??
探書リストは図書館で本を探す時に必要なので、多少つけてはいます。但し家にいる時だけ。外では携帯にメモするかとりあえず必死で覚える(笑)家に帰ってからそこらへんのメモに忘れないうちに書かないといけませんけども。
読書メーターでも他の方が読んだ本で面白そうな本があったら、そのまま自分の読みたい本リストに登録をしています。
そして読んだら感想。読書メーターで少し書くこともあるし、こちらで長々と書くこともあります。
確かに昔よりは本の内容を覚えていられるようになったでしょうか。
…いや、結局は自分の印象深いところを思い出しつつ書いているので、あんまり変わってないかも。
なので「ねぎま式読書ノート」や「アウトプット」の仕方などは面白く読めました。
多分本当は本を読む一番の目的って「アウトプット」ですよね。
私は本は主に図書館で借りていますので、直接本に書き込んだり折ったりはできません。でもせめて心に残ったことはメモしておくといいのかも。(エンタメ本ばかりではありますが)
そうするとこのブログももう少しまともなこと書けるかな?
posted by さみお at 12:27| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月まとめ

ん〜〜〜?先月は思ったより少なかったですね。
結構本読んだかなーと思っていたんですけど。
あ、でも文庫が多いせいか、小説自体は結構読んでますね。

ちょっぴり小説以外も読んでみようかな〜と最近思い始めてます。


続きを読む
ラベル:読書メーター
posted by さみお at 01:03| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書メーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

686「ワーキング・ホリデー」坂木司〈図〉




読書メーターでの皆様の感想を読んで気が付きましたが、そういえばこれミステリじゃないですね。
元ホスト。後に宅配便の配達員になった主人公ですが、いきなり自分の息子が現れ、一夏の同居生活が始まります。
主人公は元ヤンで真っ直ぐな性格。息子は母子家庭で育ったせいか、とても生活感溢れたしっかり者です。
その二人の交流がねー、いいんですよ〜v
あえて父親らしいことしなくても、そのままできちんとできてますよね。
でも、モテ技教えてあげられるっていうのは最高の父親じゃないでしょうか(笑)
時折現れるホストの時の接客のクセが笑いを誘い、夏休みが終わり同居の終わる時が近づいた時は、じ〜んときました。
坂木作品で一番笑って一番泣きました。
職業モノというよりは、家族モノですね。
またこういうの読みたいなーv

脇役だけど、ホストクラブのオーナーのジャスミンさん、そしてそこのNO.1の雪夜もいい!彼は素で、あれなんですか!?凄すぎる!
posted by さみお at 22:43| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂木司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。