2010年11月05日

634「ドラゴン・ティアーズー龍涙」石田衣良〈図〉



こちらもコンプリート!
今はシリーズ途中の本を読んでいく気分が高まっているので少しずつですが着実に消化しております。
こちらも長いですねー。もう9冊目ですか。初めて目にした時は男の子の一人称という見慣れない文体に、なんだこれ、と思ったものですが。
ドラマは一体いつ頃だったか。さすがに読んでて主役だったアイドルの顔を思い浮かべることは少なくなりましたが、文体のせいかなんとなくクールな感じだったマコトのイメージが普通の男の子(って年でもないのですが)をイメージできるようになってきました。今こんな表情してるのかなーとか。

表題でもある最後の話のまさにラストには驚かされました。
中国人の労働に関する話は以前もありましたが、…やはり安いのってああいう犠牲の上に成り立ってるんでしょうか。せめてもう少し人道的な扱いにならないものかと思います…こちらの国もあちらの国も。
リンは色々裏の顔を持っていて信用ならないとか言われてましたが、そして実際いざとなればどんな手でも使えるのでしょうが、彼はその力をなるべく人道的なほうへ使おうとしている、そういう人物だと思っていいんですよね?格好よすぎる脇役です。彼に比べたらそりゃマコトはまだまだかもしれないですけど、リンのようにはきっとできないんじゃないかな。

今回の見所は〜キャッチをしてるキングですかね。いやー見て見たいわ〜w
「キモチワルッ」って言ったキングの顔も見たいですわ〜〜ww


posted by さみお at 00:17| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 石田衣良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。