2011年03月06日

687「読書は1冊のノートにまとめなさい」奥野宣之〈図〉



第1章はなんだか同じことを繰り返されているような感じですが、第2章から実際に筆者がやっている方法が書かれています。
…半分くらいはやってると言えるのかなー??
探書リストは図書館で本を探す時に必要なので、多少つけてはいます。但し家にいる時だけ。外では携帯にメモするかとりあえず必死で覚える(笑)家に帰ってからそこらへんのメモに忘れないうちに書かないといけませんけども。
読書メーターでも他の方が読んだ本で面白そうな本があったら、そのまま自分の読みたい本リストに登録をしています。
そして読んだら感想。読書メーターで少し書くこともあるし、こちらで長々と書くこともあります。
確かに昔よりは本の内容を覚えていられるようになったでしょうか。
…いや、結局は自分の印象深いところを思い出しつつ書いているので、あんまり変わってないかも。
なので「ねぎま式読書ノート」や「アウトプット」の仕方などは面白く読めました。
多分本当は本を読む一番の目的って「アウトプット」ですよね。
私は本は主に図書館で借りていますので、直接本に書き込んだり折ったりはできません。でもせめて心に残ったことはメモしておくといいのかも。(エンタメ本ばかりではありますが)
そうするとこのブログももう少しまともなこと書けるかな?
posted by さみお at 12:27| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189185710

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。