2011年03月10日

689「チョコレートビースト インディゴの夜」加藤実秋〈図〉



やっと読みました、2冊目。既に4まで出ていたとは驚き。
毎回何かの事件を起こしたり、巻き込まれたり晶さんも大変ですね(笑)
彼女が表の稼業でやっている仕事の内容がいつも楽しみです。
でも今回は晶さんの啖呵とか見れなくてちょっと残念。
ドラマも少し見ていたのでビジュアルは結構ドラマのイメージです。
特に憂夜さんはあのままですねー。原作の方が派手な格好はしてるけど、謎めいた実は一番いい男、ピッタリでした。地デジでの案内役は憂夜さんにしたわっ。
彼は一体どういう人なのか晶さんはいつか聞ける日が来るのでしょうか…。
そういえば先日読んだのもホストが(元だけど)主人公でした。
こちらに出てきたナンバー1ホストは「プロ」って感じだけど、あちらのナンバー1は結構素ですね。ひたすら天然で優しい。実際どっちが人気でるものなのかな?
posted by さみお at 23:04| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 加藤実秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189977558

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。