2011年03月18日

695・696「玻璃の天・鷺と雪」 北村薫〈図〉

     


やっと読み終わりました、ベッキーさんシリーズ。一応主人公は英子なのにこういうのも変な感じですけれども。ベッキーさんの位置づけがちょっと私には不明なんですが(ホームズ的位置づけともなんか微妙に違う)、このシリーズは英子のおよそ中学生時代を描いてますからやはり英子が主人公なんでしょう。子どもから大人へ、という期間でしょうか。

1冊目から間が空いてしまったのは、ちょっと1冊目が難しかったという印象を持っていたからなんですね;
でも2、3冊目はそんなこともなくすんなり読めました。…いえ、とても文学的で(私が普段読む作家さんの中で一番です)色々と解らないところはたくさんあるんですけれども…;
昭和初期の情景もすごく細かく描かれていて、写真や地図など当時のものを知っているならタイムスリップした気分になれることでしょう。英子達にとっての総天然色はきっと私達の3Dなんでしょうね。
…というかメインがこっちでミステリはおまけかな…。

やはり北村さんの書く文章の印象は「美しい」ですね。綺麗でそして怖いです。
最終話のラストには愕然としました。
第二次世界大戦はいつだったかなーとはぼんやり考えてはいたのですけれども…。
それでも英子にも浮いた話が…!(この際身分差はおいときまして)と思っていたらこうくるんですもんねぇ…。

彼女のその後を描いてほしいなと思わなくも無いですが、それは読んだ人それぞれが想像できるのがやはり本の面白いところなのでしょう。
posted by さみお at 16:10| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北村薫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191263216

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。