2010年12月13日

648「タイム・ラッシュ―天命探偵 真田省吾」神永 学〈図〉

タイム・ラッシュ―天命探偵 真田省吾 (新潮文庫) [文庫] / 神永 学 (著); 新潮社 (刊)


良くも悪くも読みやすいというか、まぁ割と良くある話というか…。それなりに面白いことは面白いんですけども。
うーん、これならまだホラー要素が加味されている八雲の方が好きかなぁ…。
後個人的に公香さんは山縣さんを好きになるかと思ってました!

ところでどの辺が「天命」探偵なんでしょうか???
posted by さみお at 22:09| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神永学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

509「心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆」神永学〈友〉


心霊探偵八雲  SECRET FILES 絆 (角川文庫)


八雲中学生の巻。八雲はこの頃もう八雲なんですね。可愛くないことこの上ない(笑)
今回の話では奈緒ちゃんや一心さんの事とか、色々解るんですが、作品としては2作目のほうが好きです。後藤さんもっと頭使おうよ…適材適所とはいえ、一応八雲一般人だしさ…。
あ、後書き下ろしの添付ファイルも良かったです。
八雲のあんな表情が見れるとは…!貴重だ。
確かアニメやるんですよね。
うーん、どんな風になるんだろ。ちょっと楽しみです。
posted by さみお at 16:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神永学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

450「心霊探偵八雲(5)つながる想い」 神永学 〈友〉



文庫版最新の八雲です。
これまで読んだ中では1巻と同じくらいに楽しめました。
しかし今回は文中にもあるようにまるで主役不在状態。
八雲とまた後藤刑事も行方不明になってしまうのです。
そこで普段脇役たちが頑張るわけですが。
やっと…やっと石井刑事が一皮むけましたよ!
それまではそらもううだうだと、本当になんであんた刑事になれたんだよってなくらい意気地がなかったんですが、後藤刑事のために覚悟を決めてくれました!
個人的にはそれまでの石井刑事の気持ちは非常によく解ります。ええ、意気地なんて私もありませんから。
しかし一読者として読んでいる分には、いらいら以外するもんでもありません。
良かったなぁ…ちゃんと成長できてるんるん

今回は晴香ちゃんのお母さんが大変よし!いい、キャラですねー。
八雲と大変気が合ってるようですが、晴香ちゃんの味方はしてくれないの??…それは後藤刑事の役目なのでしょうか(笑)
まぁでもいずれ尻にしかれることはどうやら決定みたいですから、憎まれ口を叩くくらいで丁度いいのかもしれません。

しかし晴香ちゃん、八雲をベターハーフって…。
ごめん、笑っちゃいました。
posted by さみお at 14:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神永学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

422「心霊探偵八雲(4)守るべき想い」 神永学 〈友〉



八雲4巻目です。今5巻目まで文庫になってるんでしたっけ。
今回はホラーよりもミステリ色強めでしょうか。
後半いい感じでした。
でも恋愛色いつもにまして薄かったなー。
印象に残っているのが後藤刑事と晴香ちゃんの八雲をいつかぶっ飛ばすという思いなんですが(だって会話の度にそう思ってるんだもん)、晴香ちゃんはちゃんと八雲をゲットできるのでしょうか。
あれだけ有能な八雲にはこれくらい人をムカつかせるくらいでつりあってるのかもしれません。でないとこう、力使わせるだけ使わせといて目いっぱい損しそうな感じが…。
ところで初めのプールの成人幽霊は大森さんなのでしょうか??
posted by さみお at 17:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神永学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

385「心霊探偵八雲(3)闇の先にある光」神永学 〈図〉



宣言?通りすぐに読める軽いものを読みました。
いやーいいわぁ!2時間ほどもあればすぐ読める。
久しぶりにこの文字の大きさの本を読んだ気がしてしまう。
今回は友達に会うより早い図書館で借りてしまったので文庫ではありません。おまけの短編が文庫にはついてるんだっけ…。

文章のいきなり一人称は前回よりは少しは減ったかな…。そして多分ほぼそれは石井くんのだよね…?
さっき書いてたアレはどうなったんだ?とかソレどうやったんだ?とか思うところが各所にあるにはあるのですが、まぁ瑣末なことですよね。(個人的にはすっげー気になりますが)
ネタは気になるんだ、ネタは…。
はじめの方はまさにホラー!でした。
どーして髪が長いとあんなに怖さ倍増するのかな(笑)

それにしても後藤刑事の青さにびっくりしました、私。
ケーサツに汚職や癒着が無いと本気で信じていたのでしょうか?彼は。
posted by さみお at 02:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神永学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

377「心霊探偵八雲(2)魂をつなぐもの」神永学 〈友〉



続けて2巻目〜。
とにかく。

皆、八雲に頼りすぎです。

後藤さん少しは自分で考えて捜査してください。もしくは八雲に協力の対価を支払うべきだと思います。普段どれくらい八雲が後藤さんを利用しているか不明ですが、本を読む限りでは八雲の方が負担が大きいように感じます(笑)
晴香ちゃん、どうにかしてあげられないかな、言いすぎです。

八雲は本当に探偵みたい。しかもほぼボランティア。
そりゃちょっと先生にオネガイしたくもなりますよね(笑)
いえ、あれはいけないことだと思いますけども。
でも真由子ちゃんへの対応はあれでいいと思う。っていうか、あれが一番手っ取り早くて最的な対処だと思います。気のせいって言ったって信用しないですよ、きっと。
そんなに怒るとこかなー。私の感覚が変なの???(否定はできないけど)

うーん、今回も読みやすくて面白いことは面白いんだけど、上記のような感じでいろいろ突っ込みたくなるところが一杯です。
石井くん、良く刑事になれたな、とか、ストラップどうしたのかな、とか、あれでどうして生贄の儀式みたいと思えるのかな、とか(私はドラマや漫画に出てくるヤのつく自由業の方の殺人の方法にしか思えなかった;)なんで乗り移らせる肉体を死に至らしめるのかな、とか(これはまぁ本でも一応触れてましたけども)。…あれ、えっと私が知らないだけで、あーいう方法の儀式あるんですか??;

やはり最大なのは、皆様書いてらっしゃいますが、三人称の地の文の中にいきなり一人称が混じることですね。
しかも流れ的に誰のか解るならまだしも、ちょっと不明な時があります。
これは違和感を感じるので、読み手のテンポを崩してしまいます。もったいない。1巻ではそんな感じあまりしなかったんですけど…??

でも、お父さんとか、晴香ちゃんとの関係はとっても気になります。
posted by さみお at 02:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神永学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

376「心霊探偵八雲(1)赤い瞳は知っている」神永学 〈友〉



ずーっと気にはなりつつ読んではいなかったシリーズですね。
先日会った友達が別の友達から返却されたのをそのまま借りてしまいました。
確かにさらーっとすばやく読めるちょっぴりホラーなミステリです。(うーん、なんかあんまりミステリという感じはしないけど)
怖い話ではありませんが、私は2話目まで
あまりに犯人が胸糞悪すぎてスッキリ感が得られませんでした。
3話目ではそんなことはありませんでしたが、事件は解決しているというのにこの後に残る胸のむかつき…。
ただ読んでいる自分でさえこうなんだから、当事者たる八雲はもっとやりきれないことでしょう。しかも彼はそんな事にばかり関わっているはず。
…面倒見いいよなぁ、八雲。ふつー赤の他人にいきなり相談されることすら、面倒でしょうよ。
私ははっきりいって晴香ちゃんが何にむかついていたのか解らなかったですね。
晴香ちゃん!君は甘い!甘すぎる!
達也の車に乗ったときなんて、「ドアホーーー!!絶対襲われるだろーがっ!」などとクライマックスのシーンよりハラハラしました(笑)
二人の関係も気になりますが、まだ文庫化は4巻までかー。
友達より先に図書館で借りてしまうかも。
posted by さみお at 22:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神永学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

191「山猫」 神永 学 〈図〉



気軽に読めるノリのいい小説です。
これ一冊だったので八雲すっとばして、借りて読んでみたんですが、続きを想定してるような書き方かなー。たくさん伏線があるような感じ。

・・・書いてくれ!!

買ってない私が言うことでもないかもしれませんが。
山猫のキャラクターがどうにもしっくりこないうちに終わってしまった感があって、できれば何冊も書いて彼の秘密を色々暴いて欲しい。
それと毎回違うキャラになってほしい。
いずれ八雲にもトライをば。
少女漫画のはたまに読むんですけど、やはり少女漫画なので絵が可愛くて好きですねvノベルズの表紙の八雲はもっと怖そうですものね。
山猫に少しだけ八雲が登場してるらしのですが、さっぱり気付かなかった(笑)そして今もどのシーンなのか思い出せないです(笑)
タグ:山猫 神永 学
posted by さみお at 22:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神永学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。