2009年09月01日

445「セイギのチカラ」 上村佑 〈図〉



守護天使」の作者の2作目です。次が出ないなぁと思っていたら、ブログで連載してらしたんですね。
初めにこの本の紹介を目にした時は、書かれた粗筋を読んで、まさかシリアスなのか!?と思ったのですが、本屋で帯を見たら、こりゃコメディだな、と(笑)早速図書館に予約しました。
なにせ、皆超能力を持ち(作中では「異能力」)事件を解決するのですが、それが本当にしょぼい!しかも珍しい!人間GPSだの、毛を自由に動かせる能力だの(笑)
それは訓練して少し強くなっていくのですが、そこじゃないのよ。
皆で協力をすればもっと色んなことが可能になるんだってとこなのよ、重要なのは。(多分)
それこそ何万人も救っちゃえるくらいにね。

まぁというふうに、ノリは軽いです。文体はだからクライマックスのテンポよいシーンには向いてますね。
でもたまにほろっと来るシーンがあるのです。
個人的には、そのほろっと来るシーンも同じテンポで書かれているので、そこをもっと情感込めてしっとりと読ませるような文章になったら、もっといいんではないかなぁと思います。

そういえばこちらではやらないのかも思っていた映画「守護天使」ですが、どうやらほんの短い期間ですが上映するみたいです。
頑張って明日見てこようと思いますv
posted by さみお at 21:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 上村佑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

135「守護天使」 上村佑(図〉



や、もうこれねぇ、本当面白かったです。
何も考えず笑いたかったらお勧めです。
日本ラブストーリー大賞ですよ?でも切なくて泣けるなんて想像したら大間違いです。
一般的な「ラブストーリー」という単語から想像するイメージは捨てましょう。
まぁ主人公の原動力が一応恋なので一応その範疇に入れてあげようか、という感じです。
でも本読んで声出して笑ったの、久しぶりです。
チビ・デブ・ハゲと三拍子揃ったオヤジの須賀啓一。初めの方の描写が本当涙を誘わずにいられないって感じです。しかも実在の人物がモデルだってんだから…。くっ。詳しくはこちらをお読みください。
奥さんの勝子さんやお友達のどうしようもないチンピラ村岡。なんでこの人達と縁を切らないのってくらいなお二方ですが、段々良くなって来るんだなぁ、これが。
特に勝子!同僚の衿ちゃんは「勝子という名前の女性は強いですよ!うちのばあちゃんもそうですもん!」と言ってました。
勝子さん、私の中ではすっかりこんなイメージなんですが(笑)
ちなみにこちらでこの絵のPVがご覧になれます。イクラちゃんが最高怖いです。
話を戻しまして、勝子さん、本当にいいんですよ!私はぜひこれは映画というよりも漫画で見たい!
雷を背にしょった勝子さんのイメージがありありと浮かんできます。
そしてハーベストが怖い。怖いんですよ〜。こうやってきっと共犯者にされちゃうんだーーーー(号泣)
主人公のオヤジっぷり。勝子の恐妻っぷり。村岡のちんぴらっぷり。この他に出てくる人物の、もう誰も彼もキャラクターが濃くて濃くて。
これを映画で表現できるのか!?監督は誰だ?役者は誰だ?特に主人公と勝子。…温水さんとかどうだろう?
ある意味大変楽しみです。
posted by さみお at 01:27| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 上村佑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。