2009年10月27日

469「密室から黒猫を取り出す方法」 北山猛邦 〈図〉




踊るジョーカー」の続編です。

変なキャラ増えた!

琴宮がこれからも出てくるのかはわかりませんが…。確かに態度だけなら彼の方がよっぽど名探偵です。
私は最後の二つがお気に入りです。笑いが増えた気がする(笑)
「停電から夜明けまで」なんて、本当にもうっ。彼の存在って(笑)
一方お兄ちゃんの方は実にもてそうです。

坂木さんの引きこもり探偵も漫画になったことだし、これも誰か描かないかなv
posted by さみお at 13:04| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北山猛邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

337「踊るジョーカー 名探偵音野順の事件簿」北山猛邦 〈図〉



「キュートでコミカル、しかし心は本格ミステリ」というキャッチコピーと余りに可愛い表紙に引かれて読んでみました。
可愛すぎませんか、この表紙…。一応大人向けのミステリでこんなに可愛い表紙初めて見ました。だってどう見ても絵本…。
確かにコミカルでした。しょっぱなから笑いましたもの。
少なくともスタンドより先に来客用ソファが必要だと思うな、私は。
引きこもり探偵というのはどっかで聞いたことあるなぁと思いましたが、性格が全く違います。こちらの彼は外出はできそうですが、本当に気が弱い!ひたすら気が弱い!!これをキュートというのではあるまいな、まさか。たぶん、弁当持参とかその辺だとは思うんですけども。うーん、現実にこんな男性が目の前にいたら私も岩飛警部のようにイライラしてしまいそうです。
しかしまぁ読む分にはこのキャラはなかなかおかしくて○。いつでも自信が無いので、語尾があいまいになってしまうのとか。確かにこんな名探偵は見たことありません。
相棒の白瀬くん(ミーハーだよね)じゃないけど、大抵の探偵ってのは謎を解くことが大好き!!って人が多いような…。マニアってほど読んでるわけではないので、あくまで主観ですが。
雑誌ではずっと連載が続いてるようですから、続編も読めそうですね。あの性格が正反対なお兄ちゃんもまた出てくるようで楽しみです。
うーん、ミステリだというのにトリックには何にも触れてませんね、私。
私はトリックとかは深く考えないで読むので、短編ならばキャラ重視になってしまうし、長編ならばそれプラス心理重視になるようです。
ミステリの感想とか書評のブログを覗いていると、皆さん色々分析していらっしゃってすごいなぁといつも感心しきりなのです。
posted by さみお at 02:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北山猛邦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。