2010年04月03日

541「ホルモー六景」万城目学〈図〉



かなり鴨川ホルモーより間があいて読んでしまいましたが、先日映画のDVDを見たので、借りてきました。あ、映画、かなり楽しいです。

前作のスピンオフ。京大以外のホルモーやってる人たちのお話です。なんとゆーか青春ですねーv
凡ちゃんの話や長持の恋、良かったです。
凡ちゃんやっぱりかわいいですねv少年見る目あるぞ!!
そして芦屋は本当サイテー男だ。
それになんと東京でも行っていることが発覚!て、相変わらずネタバレすみません。
鬼の色が違うとか、多分どうやら言葉がなまっている(京都のほうがなまっていると考えるべき?)らしいとかこういう細かいの大好きですー。
東京ではどのへんでどんな格好で行っているんでしょうね?
映画では鬼へ命令を下す時、鬼語と共にヘンなジェスチャーつきだったので、鬼が一般の方々に見えないことを考えると、本当に一体何やってんだあいつらと思われることは必至です。
東京版も書いてくれないかなー。
posted by さみお at 15:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 万城目学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

268「鴨川ホルモー」 万城目学 〈図〉



ずっと作者の方の読みを「マシロメ」だと思ってました。すみません。
さて、タイトルがあまりに妙でずっと気になっていたこの本をやっと読んでみました。
う〜ん実はちょっと読みづらかった;内容じゃなく、書き方、だとは思うんですけど。
内容は確かに青春モノでしたね。私としてはもちっと具体的にオニたちの活躍が見たかったかなー。
代替わりしてもずっとオニの姿は見えてるんでしょーか、やはり。彼らにとっては今まで自分が住んでいた世界ががらっと変わってしまったんじゃないのか??
私も見てみたいよーな見たくないよーな。

しかしまたしても私は余計なことが気になって仕方がありません。
大学ができる前はどうやって続いてたんだ!?
そしてあの奉納の舞は!?
あれは本当に度肝を抜かれましたが、あの曲ができる前までは何を踊っていたのだろう???そしてそろそろ曲を知らない時代に突入してきてます…。次は何だ、モー娘とかか?
どうやって始まったかもすっごいすっごい気になりましたけどねー。
平安の昔とか言われちゃうとなー。
あああ、でもファンタジーとしてそんな話ないだろうか。




ふと思いましたが、西洋の魔法に相当するものって、日本では陰陽道(お話の中のみ)ですかね?不思議な力を使って闘う、的な意味でですが。
そうするとハリー・ポッターに相対するのが安倍晴明…?(笑)
posted by さみお at 13:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 万城目学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。