2010年11月07日

636「われら濁流を遡る バンダル・アード=ケナード」駒崎優〈友〉



傭兵が主人公のこの小説、おっさんばかりが紙面をうめつくすのはしょがないとは思うのですが、どうやらそれに嫌気がさしたらしい作者が若い女性二人を傭兵の中へ突っ込んできました。後は若いぼっちゃん。
今まで紅一点だったエルディルですが、彼女は相変わらず誰よりも有能で、今までよりもすっごく働いていてその存在感は主人公のシャリースを凌ぐほどですw
やー面白かった。なんつかエンタメとして十分面白かったです。
シャリースの手腕(というか口八丁?)もお見事で、相変わらず格好いいです。
ぜひとも貴族の格好して宮廷の狸な貴族達をお得意の口先でやり込めるところとか見て見たいです。(ハヴィじゃないけどそんな設定あったっけってまじで覚えてません;家の管理とか誰かにまかせてるのかな)
絵も見たいですねー。イメージはのだめが千秋のコスプレを見たときの感じです(笑)
posted by さみお at 12:17| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駒崎優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

275「故郷に降る雨の声(下)バンダル・アード=ケナード」駒崎優 〈友〉



待っておりました、下巻です。
前回戦争している敵国へ知らないうちに連れて行かれた彼らは、勿論無事に帰ってくることは来るのですが…。
あああっ。
貸してくれた友達が私が読むまでその話はタブーだったと言ってくれたので、私もここでは書きませんが、読み終わった後即効彼女にメールしましたもんね。
このシリーズを読んでいる方はきっと同じ気持ちなはず!
うぇぇぇん。
posted by さみお at 15:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駒崎優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

263「故郷に降る雨の声(上)バンダル・アード=ケナード」駒崎優 〈友〉




きゃほーい!新刊〜v
相変わらず格好いいシャリースです。
でも本当はエルディルが一番好きv
可愛いなんて言ってはいけないのでしょうが…ああっあのもふもふした毛皮に触りたいっ!(注:エルディルは白い牝狼でございます)
今回は珍しく二冊に分かれてまして後編が実に気になるところです。
どこに連れて行かれるのかも解らないと言う超怪しい仕事を請けざるを得なくなり、着いた先が判明した時にはさすがに読んでるこっちも「うわっ」と思いましたよ。
はらはらしっぱなしの今回。
皆無事に帰ってきてーーーー!
posted by さみお at 17:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 駒崎優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

後1冊ーーー。

73「あの花に手が届けば―バンダル・アード=ケナード」 駒崎優 〈友〉




ジア・シャリーズ素敵ーーーーーー!格好いいーーーー!
いいよねぇやっぱこの懐の広さ加減。好き好きーー!
仕事にクールなところもまた痺れる…v
後好きなのは「辺境警備」の隊長さんと「パトレイバー」の第1小隊隊長さんです。(あれ全員隊長だ。ジアも含め(笑))
それにしても今回前作よりも更に女性がいないよ…!(笑)
花が一切ありません!おやじばかりです(若いのもいるけど)。
あ、いた。一人じゃなくて1匹。白狼。メスでした。
美しい肢体に有能さ、忠実さ。…素敵vうん、きっと彼女がこの作品での癒しドコロなんだわ(笑)
軍隊ものが好きな方はぜひともお読み下さい。
posted by さみお at 20:02| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駒崎優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。