2010年01月24日

501「バチカン奇跡調査官 Truth2 サタンの裁き」藤木稟〈図〉


バチカン奇跡調査官  Truth2 サタンの裁き


やっと2巻目読めました。今回は口絵が無くなって、その分表紙に絵が増えたような(笑)
前回活躍して欲しいなぁといっていた、ロベルトがメインのお話です。
はい、びっくりしました。
何かは読んでいただけると幸いです。
どきどきして久しぶりに割りと一気に読めました。

それにしても奇跡の調査って大変…。
本物かどうかを知るためには、少なくとも今現在の科学の最高の方法と知識を持って、一つずつ潰していかなくてはならないんですものね。
聖職者というよりは学者ですよね(専門によるのでしょうが)
ビッグバンや遺伝の法則を見つけた方々も確か神職ですよね。

…昔奇跡と認定されたものの中には今調べたら奇跡じゃないものがでてきちゃったりするんでしょうか…。

なにやら続きそうな感じで終わってますので、楽しみです。
最後には本当の奇跡にめぐり合えますように。
posted by さみお at 18:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤木稟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

251「バチカン奇跡調査官」 藤木稟 〈図〉



図書館で目に付いて借りました。完璧、タイトル借りです。
表紙も怪しげで良い。そして表紙をめくると、主人公達のイラストがありました。
あっあんまり重すぎないかも!
と思ったのが、決め手でした(笑)

イラストはその1枚だけで中には一切ありませんでしたが、こーいうイラストがつくってことは、あんまり堅くないだろうなぁと思ったのです。
えーと、ラノベになるのか?
境目が分からん;
でもそれならもっとイラスト欲しかったなぁ。
そこまでは軽くないということかしら。
中は結構ボリュームありますよー。

ちなみにこの本、何と動画CMがあるのです。
コチラ

イメージを固定しないと言うのなら、最後のtype Oが一番良いような気がしますが、二つ目のtype Tの声も悪くは無いですね。
type Sも一番映画っぽくて面白いんですけど、キャストに日本人を使うのなら初めにイラストは使わない方がいいんじゃぁ…(だって一応舞台外国だし…)
そしてチープさが解ってしまうのが悲しい;(マリア様…りかちゃん人形みたいだ…涙)
しかし読んだばっかだというのにどのシーンかうろ覚えって…;
どっちかいうと警備員のおっちゃんが若くてなかなか二枚目な事に驚きでした(笑)(本の中ではかなりなダメ男)
そーいや、本の中ではこの警備員の経歴にちと不整合な箇所があるよーな気がするんですが。彼の記憶が違ってるのでしょーか??

続きがありそうな本ですね。ただなかなか設定が深いとこまでいきますので、下調べとかで時間がかかりそうです。
今回あんまりロベルトが活躍してない気がするので、ぜひもっと活躍させて欲しいです。
いつか平賀は本当の奇跡を見る事ができるのでしょうか?

バチカンに所属している人達って(普通の信仰ぶかい方達でもいいんですが)どんな風に神を信じているのかなぁ…(てなことを考える私は、えーとなんだ、不心得者?)
この本を読んでやっと私は「イエス」と「キリスト教」と「神」を別の物として考えればいいのだと気付きました。
それまでまー、色々混乱しつつ読んでましたよ。勉強したことがあるわけではないので、私なりの納得なのですけども。

それにしても…バチカンの公用語ってラテン語なんですか?ひぇぇ。
ラテン語って古語なんだと思ってました。

・・・調べたら通常業務はイタリア語ってありました。
平賀、聞き取りくらいなら、なんとかって言ってたけど…不自由してないのか!?(笑)
あー、奥で黙々と仕事してるからしてないのか。
posted by さみお at 01:18| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤木稟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。