2008年03月27日

202「子どもの王様」 殊能将之 〈図〉



何と言うか超リアル。
そーだよねー、子どもの世界ってこんなものですよね?
今までこの「ミステリーランド」シリーズ色々読んできましたけど、一番狭い世界での話かもしれません。
シングルマザーな母親、口うるさい団地のゴミ捨て場でいつも見張ってるおばさん、大好きな特撮ヒーロー(この番組の設定がやたら凝っているので、ちょっと見たいと思った)そして作り話だと思っていた“子どもの王様”にそっくりな人物。
事実は奇なりですよ!絶対これどっかで同じこと起こってるって!!!
まぁ問題は解決方法な訳ですが…。
これもやはりネタバレなんで未読の人は読まない方がよいかと。



私が気になるのはショウタ君のその後ですよ。
子どもが大人に勝つためにはしょうがないとはいえ、たぶんばれても正当防衛成立するとはいえ(ん?…する…かな?ちょっと前に読んだのでうろ覚え;でも子ども対大人なので絶対世間的には子どもの肩を持つと思われる)彼は人一人死なせてしまったわけですよ。
「一線を越えてしまった」彼が一体どんな気持ちでこれから生きていくのか。
文章はね、あっさりしてんですよ。なんてか、普通。
友達を守るという大義名分があったから平気?なのか?まさか?
なわけないだろ!と私は読んだ後そればかり気になっております。
posted by さみお at 03:43| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 殊能将之 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。