2007年08月19日

120「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 」西尾 維新・大場 つぐみ・小畑 健(図〉




なが〜い事待ってましたよ、この本を。
西尾さん。読んだのはこれが初めての作品なのですが、とりあえずお名前だけは本屋でよく拝見しておりました。
…ちと手に取るのをためらう表紙・タイトルなんだよな〜。なんででしょう。
さてネタバレ感想。
すっごく良く出来た、同人小説を読んでるような、という感じがしました。ギャグ満載だからかしら。
でも最近思う事は、原作付きのドラマや映画ってまるで同人誌の内容みたいだなぁって。全く同じもの作るわけではないから、お話や設定が変わるわけじゃないですか。公か私かの違いくらいかなって。

何も考えずにいた私は当然のごとくトリックに引っかかったわけですが、こーいうのって顔が見えない小説だからこその技法ですよね。
今映画になってる「アヒルと鴨のコインロッカー」もそうですけど、映像化しようと思ったら大変だろうなぁ。
ちなみによしこさんにも回しましたが、彼女は「Lが前に出てくるわけ無いからすぐ犯人解った」とのことでした。そーか、すぐ解るものなのね。あ、でも衿ちゃんは解らなかったらしいです。どっちが多いんだろう。
でも読者にBBをLだと思わせなきゃいけないわけですよね。
そうか、Lはホラーギャグなキャラクターだったのか。あ、それの描写が一番同人的だったのかもしれない。パロディ漫画みたい。
なにせナオミが「最悪」と言うほどですからね…。
結果としてはそれはやはり粗悪なコピーだから、ということなんでしょうけど。(本物は「精悍」と描写されてますから)

そうそう、赤ずきんチャチャは私も持ってるぜ!もっかいアニメをちゃんと見たいぜ!当時変身魔法少女ものに変換されているのがショックであまり見て無かったんです。でもOVAとか後半とか面白くて。(特にOVAはお勧めです。原作まんまで非常に笑えます)

ところでこの本を書いてるのはなんとメロという設定。
…どこで書いてんの?あの世?
posted by さみお at 01:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 西尾維新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。