2007年08月18日

119「バスカビル家の犬 」大沢 在昌/アーサー・コナン ドイル(友〉




本屋で見つけて姪に買ってあげた本です。姪から借りてきました。
ホームズの中でもこれは割合多くお話の記憶が残っている作品です。もーのすごい昔に読んだのでほとんど記憶がないんですよ(汗)あ、赤毛同盟はなんか付録の漫画で再読したから一番覚えてるなぁ。
しかしひらがなが多い…。
これは結構辛いものなんですね。
これって作者本人がひらがなにしてるんでしょうか、やはり。編集者とかではなくて。

大人はこちらの方が読みやすいのかも。



中身見てないから解らないけれど、漢字が多くなってるんじゃないだろうかと予測。

できれば内容も増えていれば尚良し。
なんというか、面白かったんですけど、ホームズの魅力がちょっと伝わりにくかったような。というか足りなかったような。
うーん、もっかいドラマ見たいなぁ。友達の家に全巻揃ってるから今度見せてもらおうかなぁ。あれの中でホームズがワトソンに食事を薦めて食べてもらえなかった時の、しょぼさがなんか好きだったんです。

会社でよしこさんにも貸してみました。
彼女はこの「痛快世界の冒険文学」のコンセプトがイマイチ解らなかったらしいです。
「これ、何?」と言われました。
何、とはどういう意味だろう?(笑)
大沢さんが独自の視点でホームズを書いてくださっていたのかと考えていたそうです。
そ、そーゆー話し方してたかな、私;
でも同じシリーズのルパンも貸したんだけど。後ろにシリーズの紹介も載ってたんだけど;
名作を今人気の作家が書く、というのは私には非常にそそられるコンセプトだったのですが…。
そんなことない?でも文章力って読ませるためには必要なものよね。
後他のも読みたいんだけどな〜。さすがに全巻は買えませんよ;
図書館入れてくれ〜。ていうかどうやってリクエストしたらいいんだ;
でも後クリスマスに田中芳樹さんのは買ってあげようかな。
そしてまた借りる(笑)

…今調べたらこの「痛快世界の冒険文学」シリーズの一部は「シリーズ・冒険」にもなり、更に普通の「講談社文庫」でも刊行されてるようです。ややこしい。
posted by さみお at 02:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大沢在昌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

これで最後

86「未来形J」 大沢在昌〈図〉





以前ちらっと紹介しましたが、改めて読んでみました。
奥付見ると平成13年。…6年前かぁ。
たぶん携帯がわりと普及し始めた頃。高校生位も持ち始めて。
…JからVになったの何年前だったかな?
でも企画として楽しかったろうなぁと思います。
携帯で毎日お話を発信。ラストは公募。
自分だったらどういうオチをつけるんだろうかと少し考えてみましたが、勿論思いつくはずもなく(笑)
大沢さんがそのままラストを書いていたのだったらどういうふうになっていたんだろう。
ファンタジーなミステリなので読み始めると、一体どうするんだろうとぐいぐい読ませます。しかも薄い。お気軽にどうぞ。

さて1年前に始めましたこの「独り読書マラソン」。
結局何冊読んだかというと、計86冊でした。
うーん、残念!100冊読めなかったか!!
365÷86=4.24
およそ4〜5日で1冊読んでるってことですね。
しかし1年続けたか、自分。
ちょっとそれに我ながら驚き。
このブログを始めた時は何を書こうかと悩んだものですが、(日記は続いたためしがない)決まると書けるものですね。
というかやはり特に書くことも無いのに、皆がやってるから、程度で始めるとすぐに頓挫してしまいますよね。
せっかくここまで続けたので、もうしばらく続けてみようと思います。
まずはじゃあ100冊達成の日はいつか。
とりあえず今手元には三冊未読本があります。

でもその前にとりあえず。
2日から母とオーストラリアに旅行に行ってきます。
なので(いつものことですが)しばらくお休みしま〜す。
posted by さみお at 00:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大沢在昌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

すっかり抜けてました。

61「帰ってきたアルバイト探偵」大沢在昌〈買〉




おーう、随分前に読んだのにすっぽ抜けてた。
何故かこのシリーズだけは持ってます。読みやすいからかな。
何せ2冊目のコピーは「コメディ」になってますから。
リュウくん相変わらずで嬉しいよ。
私の本はほとんど貸したと思っていたよしこさんですが、これは貸していなかったらしく、すぐさま貸し出しました。
「面白いね〜〜」と興奮して言ってくれ、最新刊はドラマにもなっていると言ったら、すぐさまDVDをレンタルした行動派です。
ドラマは…椎名さん格好よかったな、うん(もっと悪そうなイメージがあったけど)。リュウくん役もすごく頑張ってました。結構笑えましたもの。ちょっと解りづらいところもあったかなーとは思いますが。
大沢さんと言えば、後はこれ


と、これ

  

くらいしか読んで無いのですが、これ


も読もうかと思ったけど、先にドラマでやったので、まぁいいか、と(笑)


「未来形J」は確か当時j-phoneのコンテンツで毎日連載か何かしてたんですよ。(私の電話は未だにJ(笑))
やはりノリが軽く読みやすかったので、毎日読んでました。そしてラストは確か公募してたと思います。
…本屋で単行本最終回だけ立ち読ませていただきました…(ごめんなさい)
さほど奇抜ではないエンディングだとは思いましたが、イメージそのまま気持ち良く終了となっていたと思います。

そうそうこれもあった!


これ、姪に買ってあげたんですけど(表紙の絵がこれじゃない)、これの他のシリーズ見てくださいよ。
すごくないです!?
私本屋でまずどれを買おうか悩みましたが、自分もすごい読みたい!!と思いましたよ。(図書館で探したら2冊くらいしかないでやんの…シリーズ全部入れてよ〜〜〜)
姪は「すごい面白かったよ!何回も読んだ」と大変嬉しい感想をくれました。
んでもって調子に乗って次は「奇岩城」を買ってあげたり…(だってルパン知らないっていうから)つーか今度まじで姪から借りようっと。
posted by さみお at 23:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大沢在昌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。