2010年11月04日

633「雪逢の狼 陰陽ノ京月風譚2」渡瀬草一郎〈友〉



今回は前回よりも保胤さんの出番が多いですね。…へたれ度はなんだか上がっているような気もしますが。当たり前だけど周囲から心配されまくりです。なんだろう、一巻目のチューは奇跡の一回だったんでしょうか(笑)
というかそもそも彼は時継を嫁に貰う気はあるのでしょうか??本当に子ども達カップル(未満だけど)に先を越されかねません。今回も吉平節は健在です。吉平は…計算なのかな天然なのかな。真剣なのだとは思いますけど。
…光榮にそんな相手がこのシリーズでは出てくるのでしょうか…?
うーん、想像できない…;
表側は光榮で、裏側は兼良がフォロー。そうやって進んでいきそうなので。
そういえば今回は兼良の出番そーでもなかったような?でも水魚という怪しい男も出てきましたし、活躍の場は増えるかと思われます。
しかし大狼と素手の取っ組み合いって…やはり人間離れしてますね、光榮は;
今回はその大狼、白山が素晴らしく格好よくて美しいのが見所ですv
posted by さみお at 23:48| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡瀬草一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

552「黒方の鬼 陰陽ノ京月風譚」渡瀬草一郎〈図〉




久しぶりの陰陽の京です。電撃文庫で出ていたシリーズの今回は外伝ですね。
メインの光榮(みつよし)にも春到来!?かとちょっと思ったのですが…残念。
裏に書いてある粗筋を読むと兼良(かねら)との仲にもっと重点がありそうですが、今回はそんなことはなし。おいしいとこかっさらっていく感はありますが、兼良はあまり目立ってません。でもちょっと続きそうな感じに書いてますね。

それにしても吉平!相変わらずの天然たらしっぷりです!!!まだ12歳だというのに!(この場合一応満年齢でいいのでしょうか)
いやーこれは読んでても照れますね。ストレートすぎ、ど真ん中。裏表なし本当に本気の本心だからこそ余計にたちが悪いというか。
もうちょっと大人になったら貴年も素直に受け止められるようになるでしょうか…。うーん、性格的にどうかな。「耳元で好き勝手なことばかり囁かれて」なんて、一体何を言われ続けたのでしょう…(妄想)
前にも書いたかもしれないけれど、本当保胤さん、見習って欲しい…。
posted by さみお at 19:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡瀬草一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

115「陰陽ノ京 巻の5」 渡瀬草一郎(友〉




ず〜っと「陰陽の都」で検索してたらなかなかひっかからないと思っていたら「の」がカタカナだったのね…。あ、しかも「みやこ」も違った!
や〜このシリーズ好きなんですよ〜。友達が1巻貸してくれてから続きが楽しみで。やっぱり四巻読んで無いよ!この友はいつでも途中で本を止められる人なんですよ!たぶん三巻までしか読んでない…と思う。しかし五巻が出たのも五年ぶりだとかいうから、読んでるか…?
今度図書館で借りてこよう…うん、それが早い。
さて。
主人公が好き!保胤先生ラブ!!
時継との関係に周囲の人達と同じようにやきもきしてますが、でもそれはそれで結構いいの。でも一応ちゅーはしてるのにねぇ…。それ以上の関係に進んでも時継は大丈夫そうだけどなぁ。
他のキャラも好きです。
一応タイトル陰陽ですから、かの有名な晴明先生もでてきます。これがまた豪快なオジサンなんですねぇ。奥様は可愛くてしっかりもの。
そしてその息子、吉平君が将来有望ですよ!
手ぇはや!いや、手は出してないか。
でもあっという間に吉平に先越されそうだぜ、保胤先生!
お話はまず雰囲気がいい。そして見事なエンターテイメント性。ちょっぴり切ない。私は色んな要素がある話が好きです。好みです。じゃぁ自分で買えよ。自分で買う本より人から借りた本の方がなんか面白い感じがするので、自分で小説買うの止めよかなと思う今日この頃です。
posted by さみお at 01:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡瀬草一郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。