2011年03月24日

697「デュラララ!!×9」 成田良悟〈友〉



今回は、イザヤ祭り…でしょうか。
なんとなく、あれ、前回の続きじゃないのね、と少々肩透かしな感じではありましたが、このラスト近くはちょっとミステリっぽくてなかなか好きです。
うーん、やっぱたいしたヤツ…なんですね。側にはいたくないけど。

端から見てもいい雰囲気のシズちゃんとヴァローナの出番をもっと増やしてほしい〜!頑張れヴァローナ!!
そしてもっと門田の出番を増やしてほしい!
よーするに今回少々癒しが足りませんでした…。
いや、そこそこ麗しい兄妹愛とかありましたけどね…。
posted by さみお at 20:09| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田良悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

581「デュラララ!!×8」成田良悟〈友〉



やっと最新刊まで読めましたぁ!
なんか…動き出した感じがしますね!ここまで割りと一気に読んでしまったんですが、次はきっとしばらく間があくんですよね…。

シズちゃんは年上趣味だそうですが、口絵ポスター?の二人を見たらヴァローナと、いんじゃね!?と思いましたよ。え、いいよね?ね?

ところでチャットの新参メンバーの純水100%さんはどなたなんでしょう…??え、載ってた??;
posted by さみお at 00:17| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田良悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

577「デュラララ!!×7」成田良悟〈友〉



ふう、やっとここまで読みました。
前巻の直後の皆のお話ですね。少しずつ関連しあってて面白かったです。

なんか…波江さんのお話はホラーチックでした…。
恋愛対象が実の弟でさえなければ、まぁ少々ストーカーちっくなところはあるにしても、波江さん、いい女なんだけどなぁ…。(後書き見るとそうとも言えないんですが;)
赤林さんは格好よかった!やっぱ徹底している人は格好いいですね!まさかこんな過去があったとは。
茜ちゃんは性格がイマイチ掴めないんですが…;まぁでも可愛い…かな。
これまでのお話はタイトルに全て曲の種類がついていたんですが、最後のは「お惚気チャカポコ」…。
最近と言える位に某本読んだので、このチャカポコは私にはどうしてもそれしか思えないのですが、そーいうジャンルあったっけ…?と思っていたらやっぱり某本からでしたーーー!ですよねー。

それよりも後書きでシズちゃんが思い描く好みの女性のタイプが明かされていたことが驚きです。
そーいえば初めからこれは「恋の話」だと書いてはありますが、でもとりあえず、イザヤとシズちゃんには当てはまらないような気がしますね。
posted by さみお at 22:37| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田良悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

574「デュラララ!!×6」成田良悟〈友〉



ああ〜〜〜〜〜あっちの世界へとうとういってしまわれたかぁぁぁぁ〜〜〜〜。
前回どうやって切り抜けるんだろうと心配していた帝人君ですが、あの場はともかく、やはりフルボッコ状態になってしまいましたね。
非日常はさ、杏里ちゃんじゃないけど外から見てるのが一番楽しいぜ!!(小市民)
しかし今度はイザヤのような青葉くんが何を考えてるのかさっぱり判りません。お飾り置いて、裏で操るって事がしたいのかな?

とりあえず、イザヤはいい気味だし(笑)シズちゃんの嫌疑も晴れて良かったけど、どうしましょう。

読んでく内に人物関係わかんなくなってきちゃった…orz…

ううう、5巻返しちゃったから読み返せないしなぁ。

あ、今回もドタチンは格好よかったですvろっちーもなかなかポリシーが徹底していて、捨てがたいv
posted by さみお at 23:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田良悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

571「デュラララ!!×5」成田良悟〈友〉




うおっと、前後編ですか。
イザヤがどうしようもないのは、まぁしょうがないとして(!?)
…しずちゃん、またはめられちゃいましたね…。
なんか彼がどんどん可哀想になってきました。彼の望みは確かに静かに暮らすことだろうに、周囲が(特にイザヤが)ほっといてくれないんですね…。
ん〜イザヤは他人が好きってことは、その中に一応しずちゃんも入るってことなのかな?少なくとも闇医者込みで、3人近くにいたんですよね。その時はまだしずちゃんもそこまで嫌いではなかったということでしょうか。普通本気で嫌いあっていたら、対立するような位置にいるんじゃないかと思うんですけどね。高校3年間(もしくはその後)で色々やられすぎたのか?

それにしても心配なのは帝人くんです。
彼だけが自ら身を守る技がない…ですよね。
あのように囲まれちゃった場合、力ずくで散らすこともできませんし。
参謀タイプなのかな。どうやって切り抜けるのか気になります。

そうそう、あの特大ペコちゃんスマイルは衝撃でしたね(笑)
posted by さみお at 13:04| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田良悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

568「デュラララ!!×4」成田良悟〈友〉



なんでこんなに快調に読んでいるかといいますと、買い始めた同僚が既に全巻持っているからです。手元にはただ今、5巻までありまして、「あ、次持ってきますね!」と言っているのを、なぜか現在人から借りた本が積んであるので、ちょっと待ってもらってる状態です。

さて、今回は一応日常のお話らしいです。…日常?そうですね、彼らにはこれで日常なんですね。
なんというか、コメディにシフトチェンジ?したのかなってくらいのノリでした。でも、こっちの方がとっても楽しく読めました。
そうか、キャラとお話イメージのギャップを感じていたのかな、私は。コメディなら違和感無く読めるんだ。

今回は新キャラもたくさん出てきましてとっても賑やかです。いろんな事も少しずつ明かされてきてますしね。
ただ、時間がやたらといったりきたりしているので、時系列が混乱して何度もページを戻ったりするのが少々難点でしたでしょうか。

人間じゃないのに、誰よりもこの現代日本に馴染んで、小市民のささやかな生活を幸せと感じているセルティが可愛くてなりません。
逆に一応人間カテゴリなのに怪物認定されてる人がなんて多いんでしょう(笑)
変人か、怪物しかいないのか…。

ところで杏里ちゃんは成績表オール10なのに料理できないんですか…?
posted by さみお at 03:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田良悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

566「デュラララ!!×3」成田良悟〈友〉



同僚が2巻まで買えと言われたのは実は3巻までだったそうです。
…ですね。前巻のヒキもありますし、これで一応一段落って感じです。
でも後書きにもありましたが、
主人公ってセルティだったんですか!!!

今までの中では一番好きな巻かもですね。
なんというか、紀田君が成長したからかもしれません。
なんでこの話にイマイチ乗り切れないのかなーと思っていたんですが、多分、あまりに共感できるところが少なすぎるからかな?と思いました。セルティという存在がいることで既にファンタジーの領域ではあるんですが、大抵の作品て、世界はファンタジーでもそこに生きる人々はこちらとなんら変わらない、というのが多いんですよ。
でもこの作品に出てくる人たちはキャラそのものがファンタジーな存在というか…いねーだろ感が強いというか…。
森巌さんも筆頭のヘンな人なんですが、あれはもうギャグ担当ということで逆に納得がいくんですけど。

というわけで私のイチオシキャラはドタチンに決まりました。
今回すごい格好良かったですし!!

あ、サイモンもいいですね。正直、
スカッとしました。
posted by さみお at 00:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田良悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

561「デュラララ!!×2」成田良悟〈友〉



読み終わった直後の感想は、「何て狭い人間関係なんだ!」。
いやー紀田くんよりも杏里ちゃんのが衝撃ですよね。
こんな三人が友達になる確率ってなんぼですか;

今回はやっとしずちゃんが活躍ですね。彼にもかわいい少年時代があったんだなーと思うと不思議です…というか割とそういうとこ触れられないお話の方が多くて、コイツは一体どうやって育ったんだと思うことしばしばなのですが、この話は結構しずちゃんの怪力にも説明をつけていて(科学的に可能かどうかはおいといて)意外な感じがします。なんというか、いまだにどういう話なんだろうと思ってしまう自分の頭の固さにもちょっと困りものではあるのですが。
しかしそうなると今度は臨也がどんな育ちをしたかが気になりますね。つーかやっぱ一番やばいのはこいつですか。何考えてるんですかね。ただ面白くなればいいやって思ってるだけですかね。


あ、しずちゃんが「おとなしそうな顔」と形容されていたのが実は一番驚いたかもしれません(笑)
posted by さみお at 13:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田良悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

557「デュラララ!!」成田良悟〈図〉




読んでみました。巷アンド私の周囲でも話題のこちら。
アニメは残念ながらこちらではやっていませんが、声優を見てみたら「working」と男性陣がモロ被りでした。
教えてくれた友人から聞いた感じではもっとコメディなのかなーとか勝手に想像していたんですが、違いました。
なんというか、
一本以上ぶち切れたヤツしか出てこない小説でした。
都市伝説の黒ライダーがむしろかなりまともに見えます。
首無しライダーにストーカーに人攫いなどなど一体どんな話でどんな風にまとまっていくのか、凄い謎でしたが、なるほどこう繋がっていくんですね。

…このノリにイマイチ入っていけなかったのは年のせいだからでしょうか…。
というか、まだまだ序章って感じですね。
しずちゃんとか全然活躍してませんし。
同僚のご友人も、1,2巻セットで読んだほうがいいと言っていたそうですし。近いうち読んでみたいと思います。
posted by さみお at 18:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田良悟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。